即日中にカードローンを他社へ借り換えするメリットとデメリットの詳細

> 即日中にカードローンを他社へ借り換えするメリットとデメリット

即日中にカードローンを他社へ借り換えするメリットとデメリット

「返済の負担額を少しでも減らしたい」、「現在よりも良い条件のローンに変えたい」と思った時、借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

今現在、「消費者金融の借り換えローン」と「フリーローン」即日中に借り換えができます。銀行系のカードローンの借り換えは、審査に非常に時間がかかり早くても数日から1週間、遅ければ1ヶ月程度かかる場合もあります。

しかし、即日中にカードローンを他社へ借り換えするには、メリット部分だけなくデメリット部分も必ずあります。

「借り換えしても結局同じだった」「借り換えしない方が良かった」などといった事にならないようによく考えてから検討してみてくださいね。

即日中にカードローンの借り換えをするメリット

金利が安くなる分負担が減る

金利が高いと毎月の返済への負担が大きいため、少しでも安い金利の金融機関に即替える事で早くて当月、遅くても来月から負担を減らすことができます。しかし、解約するときの条件も必ず確認をしておきましょう。

⇒今現在の100万円以上の借入で金利が18%の方は、金利15%になる「アイフル」がおすすめです。

返済方法を変えられる

カードローンの返済方法は、定額返済や定率返済などさまざまですが、今現在自分の収入に合っていない返済方法をしている場合毎月の負担はとても大きいもとのなっています。即借り換えする金融機関によっては、今の自分の生活に応じた金額や希望回数で返済することが可能な場合があります。

⇒金利は気にせず、とにかく返済期間を長くして毎月の負担を軽減したいのであれば「アコム」がおすすめです。

追加融資が受けられる

今現在利用しているカードローンを枠いっぱいまで使っていて、これ以上追加融資が難しい場合、借り換えることで金利を低くし、更に追加融資も増やす事ができます。(全ての方が追加融資できる訳ではありません。)

⇒高額の借入を希望したい方は、「SMBCモビット」だと低金利になるのでおすすめです。

即日中にカードローンを他社へ借り換えるデメリット

即日中に他社へ借り換えるのは、メリットばかりではありません。デメリット部分も良く見て検討してくださいね。

急ぐあまり条件が悪くなる場合がある

即日中にカードローンを他社へ借り換えたい方の多くが、とにかく早く借り換えたいと考えています。

そのため、条件などをきちんと確認しないまま申し込みを行ってしまい、最終的に元のカードローンよりも条件が悪くなってしまうというデメリットがあります。

即決せずに必ず条件を確認しましょう!

金融機関が限られている

即日中にカードローンを他社へ借り換えできる金融機関は非常に少ないため、選択肢があまりない中から決めなければいけないと言ったデメリットがあります。

限られた金融機関の中から選ぶことになるので、メリットが得られない可能性もあります。

午前中に申し込む必要がある

即日中に借り換えが可能だといっても、審査はあります。その分、銀行の営業時間などを配慮して申込む必要が出てきます。

確実に即日中に借り換えを希望する場合は、午前中までには申し込みを済ませ、必要書類等を事前に準備しておく必要があります。

また、郵送の場合だと即日中に間に合わないので、店舗または無人契約機で申し込みを行いましょう。

即日中に借り換えローンの取り扱いがある消費者金融

2018年1月以降、銀行カードローンに関しては即日融資が停止となったので、即日中の借り換えローンは、消費者金融のカードローンのみとなりました。

【大手消費者金融で借り換えローンを扱っている2社】
・アコム…賃金業法に基づく借る換え専用ローン
・アイフル…かりかえMAX

プロミスは、借り換えローンはなく「おまとめローン」になります。SMBCモビットだと、フリーローンを利用することで書類が揃えられれば即日融資可能な借り換えが可能となっています。

借り換えする時の審査方法

他社へ即日中に借り換えするには、審査に通らなければいけません。そこで、借り換え時の審査方法について紹介します。

まず、借り換えは通常のカードローンに比べると審査は厳しいです。既に借入を行っていてローンの残高がある状態で金利を低くするので新規で申し込む時とは異なります。

審査方法

借り換え時の審査で重視されるのが、申込内容に関する内容とコンピューターのスコアリングです。

コンピュータースコアリングでは、過去の統計データを利用して、似た属性の人の返済状況や、申込者の態度や言動などを参考にした審査が行われます。

特に信用情報に関しては、個人信用情報機関の信用情報が参照され、記載されているこれまでのクレジットカードやローンの利用方法など、重点的な審査が行われます。

そして、勤務実態の確認のため在籍確認が行われます。金融機関が会社に電話をし、申込者が在籍しているかどうかを確認する審査です。

審査をする主な項目

借り換えの審査で特に重視される項目と、どういった方が高い評価を得られるのかを参考までに紹介します。

■年齢…20歳以上(一部例外を除く)から利用可。30代〜50代が審査に有利と言われている。
■年収…年収200万円以上の安定した収入が必要。年収が200万円未満の方は審査通過が厳しいです。
■勤務先・雇用形態…行政や大企業だと安定した勤務先として有利。
大企業でも経営危機や不祥事などのニュースがある場合だと評価は下がる。アルバイトやパートは、正社員に比べると評価が下がる。無職は審査に通らない。
■勤続年数…3年以上の勤務だと評価が高い。勤続年数が1年未満だと慎重に評価される。最低1年以上の勤続年数が望ましい。
■住まい…持ち家の方が評価が最も高いが、賃貸でも評価に影響なし。但し、公営団地など家賃が安い場合、評価が下がる傾向にある。治安が悪く家賃が極端に安い地区に住んでいる場合も評価が低くなる。
■家族…独身で尚且つ家族と同居している方が評価は高い。
■連絡先…固定電話と携帯電話があると有利。携帯電話のみは不利となる。

借り換えローンとおまとめローンの違いは何?

借り換えローンについて調べていると、「おまとめローン」というワードをよく目にします。この「おまとめローン」と借り換えローンの違いを説明します。

借り換えローンとは

借り換えローンとは、現在借りている借入先よりも金利が低く、条件の良い借入先に変更することを意味します。

借り換え専用のローンもありますが、現在はフリーローンへの借り換えが主流となっています。フリーローンの特徴として、毎月最低返済額以上であれば返せる分だけ自由に返済ができ、また返済した分だけ借入ができる自由度の高さがあります。

おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の借入を新しい借入先1社に一本化することです。

おまとめローンのデメリットとして、借入する金額が少ないと金利が高くなる傾向にあります。そのため、複数社から少額を借りている方だと金利が高くなるといったこともでてきます。

おまとめローンはあくまでも返済のためのローンなので、毎月決められた金額を返済する必要があり、返済以外の用途で使用することはできません。

借り換えローンとおまとめローンの違い

この二つのローンへの借り換えの違う点は、条件の良い借入先に乗り換えるのか、複数のローンをまとめて1社で返済をしていくかという点です。

今の金利を安くしたいのであれば、借り換えローンのフリーローンへ。毎月複数の金融会社へ返済をしている人は、おまとめローンをおすすめします。

即日中に借り換えが可能なおすすめ金融会社

毎月の返済金額の負担を軽減したいへおすすめな「アコム」

アコムは全国に1,000店舗以上の自動契約機を設置しており、手続きを急ぐ即日中の借り換え希望者には利便性が高くおすすめです。

総量規制における年収の1/3を超えるお借入がある方でも利用できます。

金利に関してはそこまで低くなりませんが、返済期間を長くして月々の返済額を抑えることができるので、長期間かかっても月々の返済額の負担を軽減し、余裕をもって返済したい方に向いています。

また、複数のローンを借り入れている方も借換え専用ローンを利用すると、アコムから他社へ振り込みが行われ、後はアコムに返済をするだけという手軽さが魅力的です。

但し、長期間の返済は、金利を含めると今の返済残高よりも増える可能性があるので、事前にシミュレーションを行ってください。

借り換えローン 貸金業法に基づく借り換え専用ローン
総量規制 対象外
申込資格 20歳以上で安定した収入と返済能力があり、アコムの基準を満たす人
契約方法 @ 問い合わせ(フリーダイヤル:0120-07-1000)
A 来店(店頭窓口または自動契約機「むじんくん」)※来店できない時は郵送契約も可。
B 審査回答後契約
C 融資(他社の清算)
必要書類 本人確認書類・収入証明書・引落口座がわかるもの・口座の届出印・他社清算書類(お客様自身で清算となった場合)
貸付金額 1万円〜300万円
貸付利率 実質年率7.7%〜18.0%
返済方式 元利均等返済方式
返済期間と回数 借入日から最長13年7ヶ月・2回〜162回
遅延損害金 20.00%
担保・連帯保証人 不要

100万円以上の借り換えをしたい方におすすめな「アイフル」

アイフルは、上限・下限金利共に低く、融資額が最大800万円と大きいことが魅力です。

100万円以上の借入なら上限金利は年率15%なので、他社借入の年率が18%の方は、金利を3%抑えることができます。

返済専用のローンなので、確実に借金を返済したい人におすすめです。

借り換えローン かりかえMAX
総量規制 対象外
申込資格 アイフルを初めて利用する方
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
契約方法 @ ネットで申込
A 審査結果の連絡
B 来店または契約関連書類やカードを自宅へ郵送
C 契約・カード発行または記入書類を返送
D 融資
E 他社への返済
必要書類 他社借入条件などの確認ができる書類・本人確認書類・源泉徴収票等収入を証明する書類
貸付金額 1万円〜800万円
貸付利率 実質年率3.0%〜17.5%
返済方式 元利均等返済方式
返済期間と回数 最長10年(120回)
遅延損害金 20.00%
担保・連帯保証人 不要

高額の借り換えにフリーローンの「SMBCモビット」がおすすめ

SMBCモビットの商品は、即日融資が可能なフリーローンです。借り換え専用ローンの代わりに利用している方が多いローンです。

WEBでの手続きも可能なので、自宅にカードや郵便物が届くことがなく、周りにバレにくいと言ったメリットもあります。

借り換え以外の用途にも利用できる融通の高さも魅力です。高額の借り換えであれば、低金利を期待することができます。

但し、総量規制の対象なので他社借入額と年収によっては借り換えができないこともあります。

借り換えローン フリーローン ※借り換えローンなし
総量規制 対象
申込資格 満年齢20歳〜69歳の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、パート、自営業の方も利用可能
契約方法 @ 申込(パソコン・ケータイ・スマホ・郵送・電話・ローン申込書・ローン契約機)
A 審査結果
B カード発行※WEB完結の場合カードの受け取りなし
C 必要書類の返送※WEB完結の場合書類の返送なし
必要書類 本人確認書類・収入証明書
貸付金額 1万円〜800万円
貸付利率 実質年率3.0%〜18.0%
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済期間と回数 最長60回(5年)
合理的な理由があると認められた場合は最長106回(8年10ヶ月)
遅延損害金 20.00%
担保・連帯保証人 不要

総括

即日中の借り換えは、毎月の返済に困っている時には非常に頼りになります。一方、デメリットもあり即日中に借り換えができる消費者金融が限られているということです。

そのため選択肢が少なく、場合によっては条件が良くならず、逆に悪くなってしまうこともあります。また、即日中に借り換えを行うには、午前中までには申し込みを済ませ、必要書類などを事前に用意しておく必要があります。急な借り換えには即日対応が難しく、必ずしも即日中に契約が完了できる訳ではないことも理解しておきましょう。

どうしても急ぐ場合を除いては、カードローンの他社への借り換えは、即日中にこだわらずに、余裕を持ってしっかり比較検討した上で、銀行カードローンも含めた借り換え先から選択することが望ましいと言えそうです。

アコム

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。