総量規制対象外になる即日融資とはの詳細

> 総量規制対象外になる即日融資とは

総量規制対象外になる即日融資とは

今すぐにお金が必要という場合には、銀行や消費者金融などの金融機関から即日融資を受けることができますが、どの金融機関に申込みをするかによって、いくらまで借りられるかという点が大きく異なります。それは、金融機関の種類によって適用されるルールが異なるからです。

銀行利用の場合には、銀行法が適用されるため、総量規制対象外となります。総量規制というのはお金を借りる利用者を守るためのルールで、借り入れの総額が収入の3分の1を超えない範囲でなければいけないというものです。総量規制の対象となる借り入れの場合には、複数の金融機関から借りている場合には、その合計が収入の3分の1を超えない範囲でしか借りることができないため、場合によってはお金を借りたくても借りられないことにもなってしまいます。

しかし銀行の場合には、総量規制対象外なので、年収の3分の1を超える金額でも返済能力があるとみなされると即日融資を受けることは可能です。銀行は独自に審査基準が設けられていることが多いだけでなく、消費者金融よりも審査基準が厳しく設定されていることが多いので、総量規制対象外といっても返済能力がないとみなされると、収入の3分の1を超えない金額でも借りられないことももちろんあります。

一方、消費者金融を利用する場合には、すべての借入が総量規制の対象となります。消費者金融や信販会社などは貸金業法が適用されていて、一社からの借入金額だけでなく、他社からの借り入れもすべて含めた合計額が収入の3分の1以下でなければ借りることができません。即日融資の場合でも、この点はまず最初にしっかり確認されることなので、申し込む前に自分でしっかり確認しておいた方が良いでしょう。

金融機関へ融資の申し込みをすると、まず最初に行われる審査内容が、この総量規制に引っ掛からないかどうかという点です。これは、指定信用情報機関の顧客信用データベースへアクセスすることで審査が行われ、何社から借りているのか、いくら借りているのか、その返済状況はどうなのか、という点がチェックされます。消費者金融の規模に関わらず、借り入れ総額が収入の3分の1を超えてしまうような場合には、収入証明書等で返済能力を証明できても審査落ちしてしまいますし、大手消費者金融の場合には、借り入れている金融機関の数によっても審査落ちする可能性があります。使っていないカードローンなどを持っている場合や、限度額が小さすぎる場合などには、あらかじめそれらを整理した上で申し込んだほうが、審査に通りやすくなるようです。

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら