即日融資を受けたくても闇金は危険な理由の詳細

> 即日融資を受けたくても闇金は危険な理由

即日融資を受けたくても闇金は危険な理由

まず初めに、闇金とは何か、消費者金融やサラ金とどう違うのかを見ていきましょう。あまり詳しくない方の場合、消費者金融も「ヤミ金」も同じだと思っていることが非常に多くありますが、闇金の危険さを知るためにもそれぞれの違いをしっかり認識しておきましょう。

銀行など 大手消費者金融(サラ金) 中小消費者金融(サラ金・街金) 闇金(サラ金)
合法か違法か 合法
(銀行法など)
合法
(貸金業法など)
グレー
(貸金業法など)
違法
金利 法の範囲内 法の範囲内 基本的には法の範囲内。グレーの場合法外であることも。 違法に高い金利
(10日で1割のトイチ、10日で5割のトゴなど)
審査 厳しい やや厳しい 甘いことが多い 甘い
融資までのスピード 数日かかることが多い 内容によって即日も可能 条件・内容によって即日も可能 即日・即金も多い
取り立て 法律の範囲内 法律の範囲内 グレー 悪質
備考 個人向けのカードローン(キャッシング)から住宅ローンまで幅広い。事業性もあり。 個人向けのカードローン型が主流。最近では事業向けも増えている。 業者によって闇金に近いところや、違法なところもあるので、必ず業者を調べてから借り入れを。 返済はほぼ不可能。絶対に借り入れをしないこと。

「サラ金」というのは「サラリーマン金融」を略したものです。通常、合法な消費者金融や街金を指しますが、貸金業全体について「サラ金」と呼ばれることもあります。ただし、最近ではあまり使われない言葉になりつつあります。

街金と呼ばれる中小規模の消費者金融は、大手よりも審査基準が甘いことが多くブラックリストの方でも借りられることがあります。しかし。この中には正当な消費者金融を装った闇金が潜んでいることも多く、利用を考える際には登録番号を確認するなどして違法な闇金業者でないことをしっかり確認しましょう。

また、最近では通常の闇金と比較し、金利が低めで少し対応がソフトな「ソフト闇金」といわれる違法業者も存在します。ただしソフト闇金も悪徳業者ですので、借り入れはしないようにしましょう。

闇金融のリスク

違法な金利

現在利息制限法では上限金利を15%〜20%と定めていますが、これを無視して10日で1割(トイチ)、といった無謀な金利を示してくるのが闇金です。

ほんの数万円借りただけでも、あっという間に利息がついて雪だるま式に膨れ上がります。利息分を返すのがやっととなってしまい、まとまった資金が入ってくる目途がない限り、一度闇金で借りてしまうと返せない状態に陥ることがほとんどです。

個人情報の横流し

闇金で返済不可能となりそうな債務者の情報を他の闇金に流し、同業者間でさらに次から次へと自転車操業をさせる行為があります。一度債務整理をした利用者情報が闇金に流れていることも多く、融資のあっせんの電話勧誘などがしつこくされることもあります。

押し貸し

融資を申し込んでいないのに一方的に資金を振り込んできて、高い金利を要求される詐欺まがいの手法です。債務整理など金融事故の経験がある方に多く、全く面識のない業者から振り込まれることもあるため対応が難しい場合もあります。この場合は個人情報の流出や債務整理などのデータが流れている可能性があります。

取り立て

大手の消費者金融や銀行などは、延滞や不払いに対しても法律の範囲内での取り立てを行います。これを逸した取り立てを行うと金融庁の指導が入り業務停止命令などを受けることとなりますので、大手消費者金融などの取立については度を超えることはないでしょう。

一方で闇金は法律で禁止されている取立方法も当然のように行います。執拗な電話や訪問、嫌がらせ、暴力、関係者への脅しなど、場合によっては命の危険すら感じることもあります。

家族や友人、勤務先への迷惑

闇金からの取り立ては借主だけではなく、家族や勤務先にも及びます。勤務先に執拗に電話が来たり、強面の人物が居座ったり、日常生活が困難になるケースも多くあります。また家族への暴力や暴言、嫌がらせをするなど、近隣に隠せないほどの取り立てをされることで、本人、家族、知人、その周りの方などを巻き込み、信用を失わせることになります。

闇金と合法的な借入先の違いと見極め方

では、実際にお金を借りたいと思ったときに、どのように闇金かそうでないかを見極めればよいのでしょうか。いくつかの見極めポイントをご紹介します。

登録番号

貸金業をする場合、財務局・資金業協会・都道府県にその登録を行わなければならないことになっています。広告や相談の際の書類などに、登録番号が記載されているかどうかを必ず確認しましょう。

しかし書いてあるからと言って安心してはいけません。架空の登録番号が表示されている可能性もあるので、かならず金融庁の公式サイトなどで登録番号が正当かどうかを確認しましょう。そこで確認できないようなら闇金の可能性が高いです。

広告の内容

闇金の広告の出し方は、電柱などの張り紙広告やティッシュ配りなどの広告はもちろんのこと、最近では、大手の金融機関のダイレクトメールに似せた広告や、フリーペーパーなどに掲載される広告も多くあります。

貸金業者の広告には以下の記載要件があり、それをすべて満たしていない場合、闇金である可能性があります。すべての記載があるかどうかを必ず確認しましょう。

・商号・名称・氏名
・貸金業の登録番号
・金利
・返済方式・返済期間・返済回数
・ホームページのURL、アドレス、電話番号(携帯電話不可)

また、ダイレクトメールを頻繁に送ってきたり、勧誘の電話を向こうからかけてきたりする場合も、怪しいと思うようにしましょう。

電話番号の表示

広告などに記載する電話番号が携帯電話番号のみの場合、闇金の可能性があります。記載要件として、電話番号はフリーコールもしくは固定電話のみとされています。怪しいと感じたら絶対に電話はしないでください。

また、実在する別業者の登録番号を広告上で記載していることもあるので、登録番号と電話番号が間違いなく同一の業者のものかも確認しましょう。金融庁ホームページでは、登録番号のほか電話番号でも検索が可能なのでそれぞれを検索し、一致を確認することをお勧めします。

甘い言葉

「ブラックでも即日融資」「絶対に断りません」「すぐに貸せます」「多重債務者OK」など、消費者心理へ魅力的な言葉が並べ立てられている広告も闇金の特徴です。

これらの言葉は宣伝として違法になりますので、正当な貸金業者ではないと考えられます。切羽詰まっているとそういった言葉についつられてしまいそうになりますが、冷静に見極めましょう。

高金利・返済能力を超えた貸付

利息制限法によって金利の上限は元本によりますが、15〜20%と定められています。それを超える金利を提示してきた場合は、闇金業者を疑いましょう。

また、同様に貸し出し可能な金額は、消費者金融の場合、総量規制により年収の3分の1以下のとなっています(貸金業法)。これを超えて貸付をしようとする場合にはこちらも違法な闇金の可能性があります。

闇金でなく審査甘い即日融資先はあるのか?

大手消費者金融は、基本的にブラックリスト入りの方への融資は難しいとされています。そういった方を受け入れられるのが、中小消費者金融です。

街金ともいわれ、全国的には知名度は低くても地域に根付いた金融業を行っている業者です。大手の場合、コンピューターによる自動審査が多い一方、街金の場合は担当者による借入審査が多く取り入れられています。

ブラックであっても一定の安定収入や返済履歴などがあれば即日融資を可能としてもらえることもあります。

※注意:中小消費者金融を利用する際には必ず業者について調べましょう!

ここまででも記載しましたが、中小消費者金融には正当な業者を装って闇金が紛れていることも多々あります。

立派な広告を出していても実は違法ということも多く、かならず登録番号等で、違法な業者でないことを確認しましょう。少しでも不安や不明点があるようならその業者については利用しないことをおすすめします。

もし、闇金で借入してしまった場合の相談先

弁護士・司法書士・法律事務所

闇金と知っていて借り入れをした場合も、闇金と知らずに借りてしまっていた場合も、自分だけで何とかできる相手ではないため、その対策には専門家の力を借りましょう。

闇金は違法な貸し付けであり、手順を踏んでしっかり手続きすればその貸付自体無効とすることが出来ます。そのためには、闇金に対して専門知識を十分に持った弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

弁護士ならどこでもよいというのではなく、十分な知識と経験が重要なポイントになるので闇金に強い法律事務所を探してみましょう。また司法書士の場合取り扱い可能な負債額の総額が140万円と限られてきますのでご注意ください。

ここでは闇金に強いとされる法律事務所をいくつかご紹介します。着手金などの費用が掛かりますので、まずは無料相談制度(電話、面談、メール)を利用して、費用についても相談してみましょう。

法律事務所名 公式サイト
ウィズユー司法書士事務所 http://legal-expert.jp/
アディーレ法律事務所 http://www.adire.jp/
法テラス http://www.houterasu.or.jp/index.html
Duel法律事務所 http://duel-lawoffice.jp/
ウォーリア法律事務所 http://ppc.warrior-law.jp/

警察

あまりにもひどい取り立てや被害がある場合、警察に相談したくなりますが闇金は警察を非常に嫌います。自分たちが逮捕されることを恐れ、報復としてさらに厳しい取り立てに及ぶ可能性もあります。

警察に相談することが間違いだとは言いませんが、出来ることであれば法律事務所に相談したうえで、警察にも連絡すべきかどうかを考えてみてはいかがでしょうか。

この調査内容の総括

消費者金融などの利用が増えている一方で、不法な闇金とのトラブルに悩む方も非常に増えています。ほんの少しの赤字を埋めるために軽い気持ちで借りた1万円が人生を変えてしまうことにもなり得ます。

借金の問題は人に知られたくないために自分だけで何とかしようとしがちですが、闇金の場合、法律というものに縛られていないこともあり、どんどんエスカレートしてしまい個人で収拾をつけることはほぼ不可能といわれています。

また、何とか利子だけは払い続けてトラブルを回避していたとしても元金が全く減っていないということも多くあります。

一番大切なことは違法な闇金を利用しない、しっかり見極めて排除するということですが、その手口も年々巧妙になっており、気付かぬうちに悪質業者と契約してしまっていることもあります。

自分だけでどうにもならないという状況になったときには、出来るだけ早く専門家に相談しましょう。実際に闇金とのトラブルで自殺に追い込まれたという悲しい結末も多くあり、そうならないためにも早めの行動が大切です。

債務整理や自己破産を恐れ、闇金に手を出す人も多いですが、もし自分がそういった選択を必要とする場面になったときには、自分にとって大切なことは何か、家族を守るために自分にできることは何かをしっかり考えて対応するようにしていきたいものです。

アコム

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。