ろうきんカードローンの詳細

> ろうきんカードローン

ろうきんカードローン

ろうきんカードローンは、旅行・買い物・リフォーム・教育など、暮らしを豊かに彩るための資金として利用できる低金利のカードローンです。今回は、ろうきんカードローンの特徴やメリットなどを調べていきたいと思います。

「ろうきん」とは…

『ろうきん』とは労働金庫の略称で、「はたらく人の金融機関」として法律で定められた金融機関です。

全国に13金庫、640店舗あります。労働組合や消費生活協同組合などの労働者団体及び団体会員の構成員が出資し、運営されています。

※団体会員の構成員とは、労働金庫(ろうきん)に出資している労働組合/国家公務員・地方公務員などの団体/勤労者のための福利共済活動を目的とする団体で、事業年数が3年以上経過しているなどの条件を満たすものをいいます。

労金と銀行は何が違うの?

『ろうきん』は、預金や各種ローンなどがあり業務内容は銀行と何ら変わりありません。

それでは、『ろうきん』と銀行の違いは何でしょうか。それは、『ろうきん』は銀行とは異なり、営利を目的としていないというところです。

また、銀行は企業への融資が中心ですが、『ろうきん』の融資は、99%が個人向けです。

ろうきんカードローンのメリット

金利が低い

団体会員の構成員の場合、最大引下げ後の金利は年3.875〜7.075%と、多くの銀行の金利に比べてもかなり低い設定になっています。(※2016年4月現在)

ATM引出手数料が無料

カードローンの引出しを行う際、『ろうきん』のATMを利用した場合、手数料は無料です。

また、他の金融機関のATMを利用した場合でも、一旦は銀行所定の手数料がかかりますが、かかった手数料は、取引口座に即時キャッシュバックされます。

回数制限もないので、融資限度額の範囲なら何度でも無料で利用できます。

全国どこでも利用ができる

『ろうきん』のキャッシュカードは、『ろうきん』のATMだけでなく、全国の金融機関・コンビニエンスストアなどのATMでも利用できます。

ろうきんカードローンのデメリット

審査に時間や手間がかかる

『ろうきん』のカードローンは、審査に時間がかかるので即日発行はできません。書類を提出する数も多く、審査も銀行などに比べて厳しいとされています。

団体会員・組合員以外はメリットが少ない

団体会員、生協会員の組合員の場合、最高融資額は500万円ですが、会員・組合員以外の場合、100万円が上限になります。

また金利においても、最大引下げ後金利が年3.875%の会員に比べ、会員以外は年5.275%とかなり差があります。

ろうきんカードローンのおすすめの使い方

金利引下げ制度の活用

ろうきんカードローンは、取引状況に応じて最大3.2%の金利の引下げを受けることができます。

給与振込や年金の受取りなど、複数の取引をすればするほど引下げ率が高くなるので、ぜひ利用しましょう。

【取引に応じた金利の引き下げ率】

・給与振込→1.5%
・公共料金自動支払い(2種類以上)→0.3%
・年金振込→1.5%
・インターネットバンキング→0.6%
・若年者引下げ(30歳未満)→0.6%

インターネットバンキングを活用

仕事などが忙しくて営業時間内に窓口に行けない方は、インターネットバンキングを活用して利用するのがおすすめです。

カードローンの借入・返済取引や明細照会などを、自宅や仕事先・移動中などいつでもどこでもパソコンやスマートフォンから行うことができます。

ろうきんカードローンをおすすめの人

引出し手数料を節約したい方

ろうきんカードローンは、引出し手数料が何度利用しても無料、または即時キャッシュバックされます。

買い物や旅行・結婚式などで出費が重なった時でも、手数料を気にせずに何度でも利用することができます。

団体会員の方、または生協会員の方

ろうきんカードローンは、一般の勤労者も利用することができますが、団体会員または生協会員の場合、融資限度額や金利においてかなり優遇されます。

ろうきんカードローンの申し込み条件

ろうきんカードローンは、以下の全ての条件に該当する方のみ申し込むことができます。

【申込条件】
1.団体会員の構成員の方、生協会員の組合員及び同一生計家族の方、一般勤労者の方
2.満18歳以上、65歳未満の方
3.前年税込年収が、150万円以上の方
4.同一勤務地に1年以上勤務している方(※自営業者は3年以上同一事業を行っている方)

ろうきんカードの申し込み手順

1.個人情報に関する同意書を確認しチェックする

2.仮審査申し込み入力画面に必要事項を入力

3.仮審査後、営業店から連絡がくる

4.本申し込み

5.契約完了・利用開始

まとめ

ろうきんカードローンをお得に利用するためには、団体会員または生協会員であることが条件となります。団体会員でも生協会員でもない方の場合、『ろうきん』の恩恵はあまり受けられないということになります。

また、銀行などのカードローンに比べ、審査に手間や時間がかかるというデメリットもありますが、労金の金利の低さを考えれば、多少の手間は仕方がないと考えられます。

カードローンの利用をお考えの方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

>>ろうきんカードローンの公式サイトはこちら

アコム

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。