ジャパンネット銀行ネットキャッシングの詳細

> ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ジャパンネット銀行は、日本初のネット銀行として誕生し、現在国内最大規模のネットバンクです。三井住友銀行の傘下にあり、最高水準の本人認証システムなどネットセキュリティーを強化しているため、ネット銀行が不安という方でも安心です。ジャパンネット銀行が行っているキャッシングサービスを「ネットキャッシング」と言います。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング
http://www.japannetbank.co.jp/

そもそもネットキャッシングとは何か?

インターネット上から手続きをするだけで、どこにいても融資の申し込みができるサービスのことです。原則として365日24時間申し込みが可能です。店頭窓口や自動契約機とは違って、誰にも見られることなく申し込める利点があります。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングのメリット

◎高い限度額
最高利用限度額が1,000万円で、他社ではみずほ銀行カードローンで同額1,000万円があります。ノンバンク系は最大で500万円がほとんど(表1参照)です。

◎即日融資可能
ジャパンネット銀行の口座を持っている方なら、平日14時までの申し込みで原則として当日に審査が終わり、キャッシング可能となります。

◎専業主婦でも可能
配偶者に安定した収入があれば、専業主婦(女性のみ可)でも申し込みができます。配偶者の勤務先に確認の連絡がきますので、事前に配偶者の承諾が必要となります。

◎無利息特約
初回借入日から30日間は無利息です。つまり、30日以内に完済できれば利息がかりません。短期の借り入れを検討されている方にはお勧めです。しかし、初回に限りですので注意が必要です。

◆表1:他社との比較(2016年2月現在)

金利比較画像1

ジャパンネット銀行ネットキャッシングのデメリット

×口座開設が必要
利用するには、ジャパンネット銀行の普通口座開設が必要です。ネットキャッシングの申し込みと同時に口座開設の手続きが必要となるため、余分に時間がかかります。

×金利が高い
利用者の多い100万円以下では18%の金利となっており、他の銀行系ローンの15%前後と比べると高い設定になっています(表2参照)。ノンバンク系と同レベルの金利といえます。

◆表2:銀行系借入金額別の金利比較(2016年2月現在)

金利比較画像2

どんな方におすすめのサービスか?

◎ジャパンネット銀行に口座のある人
即日融資が可能で、手続きがとても簡単です。

◎短期間にお金が必要な人
無利息期間があるので、少しの間だけお金が必要な方におすすめです。例えば専業主婦などボーナスやお給料前の金欠対策として有効です。

◎1,000万円の最大融資を必要とする人
融資が低額では金利が高くなっていますが、高額になると金利が低くなります。特に1,000万円では2.5%となり、かなりの低金利です。表2参照。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの申込み方法

≪口座を持っている方≫
まず、ホームページからログインし申し込みます。次に、必要な方のみ収入証明書(※下記参照)を郵送かFAXで提出します。そして審査結果メールと手続き完了メールを受信した後に利用可能となります。

≪口座を持っていない方≫
まず、ホームページから申し込みします。次に必要な方のみ収入証明書(※下記参照)を郵送かFAXで提出します。そして審査結果メールを受信した後、本人確認書類を書類送信アプリか郵送にて提出します。手続き完了メールを受信後にキャッシュカードが届き、利用可能となります。

※収入証明書(以下のうち前年度年収の確認できるものいずれか1つのコピー)

◆給与所得者
・源泉徴収票(最新のもののコピー)
・住民税課税決定通知書(最新のもののコピー)
・住民性課税証明書(発行後3ヶ月以内のコピー)
・勤続年数が1年未満の場合は給与明細(直近3ヶ月分のコピー)

◆個人事業者
・確定申告書(最新のもののコピー)
・納税証明書(発行後3ヶ月以内のコピー)
・住民税課税証明書(発行後3ヶ月以内のコピー)
・住民税納税通知書(最新のもののコピー)

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの借入れ方法

インターネット、またはATM(三井住友銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、ローソンATM、コンビニATMイーネット)から現金の引き出しとなります。

提携ATM利用手数料は毎月1回目無料です。2回目以降の手数料は3万円以上なら無料ですが、3万円未満はゆうちょ銀行で324円、ゆうちょ銀行以外は162円となります。

また、三井住友銀行のATMでは、ジャパネット銀行のキャッシュカードを使用した振込みができます。出金手数料162円に加え、三井住友銀行の振込手数料がかかります。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの返済方法

約定返済日に普通預金口座より自動引き落としになるため、前日までに口座への入金が必要となります。1日〜28日、月末のいずれかを希望の日を指定できます。毎月の返済額は約定返済日前日の借入最終残高によって決定します。手数料はかからず、また自動で引き落とされるため手間がかかりません。

追加で返済も可能ですが、元金のみの返済となり利息清算はできません。利息を含めた清算をするのであれば全額返済の手続きが必要となります。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの便利な無料オプション:自動融資

口座自動振替(公共料金、保険料の引き落とし等)やVisaデビットの支払額が普通預金口座の残高を超えた場合、ローンの利用可能額の範囲内で支払額の不足分を自動的に借り入れるサービスです。とても便利な機能ですが、自分自身が知らない間に借金が増えることもあるので注意が必要です。

まとめ

銀行系のローンで無利息期間を設けているところは少ないので、消費者金融に抵抗があり銀行系を考えている場合、ジャパンネット銀行はおすすめであると言えます。

ネット銀行というだけあって、インターネットを利用すれば借入と返済の手数料が一切かからないのは魅力です。しかし、ネット口座引き落としのため、給料の振込みがジャパンネット銀行を選択できない場合は、毎月残高を確認するなど煩雑な管理に注意しなければなりません。

また、資金使途が自由な1000万円を2.5%という超低金利で借りられるジャパンネット銀行は、短期間だけ多額の融資を必要とする人に最適なローンだと言えるでしょう。万が一の備えという位置づけ、または中長期的に利用することも視野に入れて考えてみるのも良いかもしれません。

そして「自動融資」という独自のサービスは、日々の生活を通してお金が不足するシーンで力を貸してくれるという頼もしさがあり、ジャパンネット銀行のネットキャッシングは私達に寄り添ったローンなのではないでしょうか。

>>ジャパンネット銀行の公式サイトはこちら

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。