事業資金を即日融資してもらう方法の詳細

> 事業資金を即日融資してもらう方法

事業資金を即日融資してもらう方法

今日中にお金が必要になるのは、プライベートな理由だけではありません。ビジネスでも今日中にお金が必要になるということは発生します。ビジネス目的で融資を受ける場合には、いろいろな借り方があり、それぞれに特徴が異なっているので、何を優先して借りるのかをはっきりさせたうえで賢く借りたいものです。

例えば、今すぐにお金が必要な状況になり即日融資を希望する場合には、ビジネス向けの即日融資商品というものはないので、基本的には個人のフリーローンとして即日融資の申し込みをするのが賢明です。消費者金融会社の場合には、どんな用途に利用してもOKなので、借り入れたものを事業資金に充てても問題はありませんが、銀行から借りる場合には、商品によっては使い方が限られ事業資金としては使えないこともあるので注意しなければいけません。その場合には、やりくりをうまく行って、生活資金として使う部分を事業資金に充て、不足する生活資金分を銀行から借りるという形にすることで乗り切ることができます。

事業資金を借りる場合には、事業計画や資金計画、そして収支計画など返済期間のめどを立てるための計画書を提出しなければいけません。これは、返済能力を証明するための書類というわけではなく、融資の審査が行われるための資料になったり、消費者金融から借り入れをする場合には、総量規制対象外の条件を満たす融資であることを証明するために使われます。計画書がすべてそろっていれば、審査にかかる時間は短くなりますが、個人向けの融資審査と比べると、法人向けは審査は厳しくなるので、時間には余裕を持って申し込むようにしましょう。また、金融機関によっては、即日融資が可能なのは個人向けの商品のみで、事業者向けの場合には審査が数日間かかってしまう事もあります。急いでいる時に、あてもなく待っているのはツラいですから、申し込む際に電話で確認することをおすすめします。即日融資が可能な場合には、必要な書類を全て添付して提出するとともに、審査にどのぐらいの時間がかかるのかも合わせて確認しておくと安心です。

即日融資は、申し込んでから素早く借りられるというメリットがありますが、金利は高めというデメリットがあります。できるだけ低金利で借りたい場合には、即日融資のようなフリーローンではなく、ビジネスローンとして借り入れたほうが、良心的な金利で借りられるのでおすすめです。ただし、審査に時間がかかるので、即日融資は難しいかもしれません。ケースによって何を優先すべきかは違うので賢く選んでくださいね。

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら