三井住友銀行 カードローンの詳細

> 三井住友銀行 カードローン

三井住友銀行 カードローン

三井住友銀行カードローンの借入条件

・契約時の年齢が満20歳以上満65歳以下であること
・原則、安定した収入があること
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証を受けられること

三井住友銀行カードローン
http://www7.smbc.co.jp/

どんな人にオススメ?

・ネットでの手続きが気にならない人、慣れている人
・ 三井住友銀行に口座を持っている人
・即日融資を受けたい人

申込時に必要な書類

申し込みの際には、本人だと確認できる書類の写しが必要になります。

運転免許証、パスポート、健康保険証、住民台帳カードのいずれか1通を用意しましょう。また、300万円以上の融資を受ける場合は、年収を確認できる書類を1通提出する必要があります。

いざ契約!でもその前に・・

三井住友銀行カードローンのウェブサイト上では返済シミュレーションを行うことができます。毎月返済額、返済期間、借り入れ可能額、この3項目それぞれのシミュレーションを事前にできるので、申し込み・契約をする前に自分で試算することをおすすめします。

申し込みから契約まで

三井住友銀行カードローンは下記の通り様々な方法で申し込むことができます。申込み手続きはどの方法であっても5つの手順(申込み ⇒ 審査 ⇒ 審査結果報告 ⇒ カード受取 ⇒ 契約完了)を踏みます。

・パソコン
⇒ ウェブサイト上から申込み、審査までの所要時間は最短30分です。郵送またはローン契約機でカード受取後、すぐに利用を開始することができます。

・モバイル
⇒ モバイルサイト上から申込み、審査までの所要時間は最短30分です。郵送またはローン契約機でカード受取後、すぐに利用を開始することができます。

>>三井住友銀行カードローンの申込みのページはこちら

・ローン契約機
⇒ 直接ローン契約機で手続きする場合は、最短30分で審査が終わり、審査結果もその場で確認でき、問題なければカード受取後すぐに利用できます。

・電話
⇒ フリーダイヤルから申し込み、審査までの所要時間は最短30分です。郵送またはローン契約機でカード受取後、すぐに利用を開始することができます。

・郵送
⇒ 最寄りの三井住友銀行に設置されているメールオーダー申込書に必要事項を記入し、必要書類を同封して郵送します。その後審査に通れば、 郵送またはローン契約機でカード受取後、すぐに利用を開始することができます。

・窓口
⇒ 三井住友銀行の窓口に本人確認書類を提出して申し込みます。その後電話で審査結果を受け、 郵送またはローン契約機でカード受取後、利用を開始することができます。

・SMBCダイレクト(インターネットバンキング)
⇒ インターネットバンキングSMBCダイレクト≠ゥらも申込みが可能です。PCから申し込んだ場合は審査結果後、 SMBCダイレクトのキャッシュカードで即利用することができます。モバイルからだと、ローン専用カードを最寄りの契約機で受け取るか郵送で送られてきます。

借入方法

三井住友銀行カードローンの借入方法は大きく分けて3つの方法があります。

・三井住友銀行ATMまたは提携ATMから
o三井住友銀行のATM(手数料無料)
o(手数料無料)
oコンビニATM。セブン銀行ATM、イーネットATM、ローソンATM(手数料無料)
oゆうちょATM(手数料無料)
o提携金融機関のATM(手数料有料)

・AMBCダイレクト(インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレホンバンキング)から 

・自動融資で
⇒ 不足残高分が自動的にローン口座からバックアップされるサービスです。

返済方法

三井住友銀行カードローンの返済方法は大きく分けて3種類あります。

・借り入れ時と同様に最寄りのATMで返済
・振込返済(手数料は自己負担)
・口座振替(三井住友銀行に口座を持っている場合のみ可)

利用限度額と金利

利用額に応じて年金利が4.0〜14.5%の間で変動します。契約極度額は10万円単位で選ぶことができます。住宅ローンとの併用で利子の引き下げが可能です。

契約極度額 借入利率
100万円以下 年12.0%〜14.5%
100万円超〜200万円以下 年10.0%〜12.0%
200万円超〜300万円以下 年8.0%〜10.0%
300万円超〜400万円以下 年7.0%〜8.0%
400万円超〜500万円以下 年6.0%〜7.0%
500万円超〜600万円以下 年5.0%〜6.0%
600万円超〜700万円以下 年4.5%〜5.0%
700万円超〜800万円以下 年4.0%〜4.5%

三井住友銀行カードローンのメリット

・利用限度額300万円までは収入証明が不要
・大手銀行が提供するカードローンなので安心
・銀行口座開設が不要
・入念な返済シミュレーションを事前に行うことができる
・申し込み方法が多種多様
・契約機で申し込めば、即日融資が可能
・他行と比較して金利がやや低め

三井住友銀行 銀行カードローンのデメリット

・自動融資サービスは利用次第で、返済が長期化することもある
・口座振込で融資を受けられない(ATMかインターネットバンキングのみ)
・返済方法のバリエーションが少ない

金利・遅延利率比較

三井住友銀行カードローン レイク プロミス モビット 三菱東京UFJカードローン Mr.カードローン(プレミアムコース) みずほ銀行カードローン
金利 4.0〜14.5% 4.5〜18.0% 4.5〜17.8% 3.0〜18.0% 4.6〜14.6% 1.99〜7.99% 4.0〜14.0%
遅延利率 19.94% 20.0% 20.0%(実質年率) 20.0% 14.6% 19.0% 19.9%

貸付条件まとめ

利用限度額 10〜800万円(10万円刻み)
返済方式 残高スライド方式
貸付利率(実質年率) 4.0〜14.5%
遅延利率 19.94%
利用対象 年齢満20歳以上65歳未満の一定収入のある方
担保・保証人 不要(保証会社が保証)

まとめ

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の銀行口座を持っていれば、非常に便利なカードローンだと言えます。また、ATMを多く利用する人にとっても、ほとんど手数料無料で利用できるのは大きなメリットだと言えると思います。三井住友銀行の口座を持っていない人は、利用できるサービスも限られてくるので、必要に応じた利用方法を事前に調べておくといいですね。

また、自動融資などのサービスもあり便利なようにも思えますが、借入額がどんどん膨らんでしまう可能性を考えておくようにしましょう。事前の返済シミュレーションで利用方法をきちんと計画することが大切です。

>>三井住友銀行カードローンの公式ホームページはこちら

アコム

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。