即日融資金融会社の選び方の詳細

> 即日融資金融会社の選び方

即日融資金融会社の選び方

即日融資金融会社はたくさんあります。銀行もあれば消費者金融もあります。それぞれの金融機関ごとに、即日融資可能な商品の特徴は異なりますし、借入額の上限や借入限度額も異なっています。また、審査基準も異なりますから、金融会社を選ぶ際には、自分のニーズにあっている中でできるだけリーズナブルな金利で借入できるところを選び申し込みしたいものです。申し込み方法も店舗窓口に来店、インターネットを利用したWeb手続き方法、無人契約機や自動契約機による申込み方法がなどがあります。

まず、銀行から借りる場合には、その銀行に預貯金の口座を持っていて給料の振込口座になっていたり、家賃や光熱費の引き落とし口座になっていると、即日融資してもらえる可能性が高くなります。これは、銀行にとっては口座を持っていることによって利用者の信用が高いと判断するためで、低金利で即日に借りることも十分に可能です。また、メインバンクとして使っていなくても、住宅ローンや自動車ローンなどの担保型ローンを組んでいる場合にも、即日融資可能な商品なら、審査に時間がかからずに借りやすくなります。

ただし、銀行は消費者金融と比べると審査が厳しいので、場合によっては借入申込の審査に通らない可能性もあります。その場合には、そこであきらめずに、銀行よりも審査基準が緩い消費者金融にトライしてみると良いでしょう。

消費者金融の中でも、闇金などのリスクを避けて安全に借りるためには、テレビCMなどで知名度の高く評価の高い大手消費者金融に申込みするのがおすすめです。大手の消費者金融は都市銀行のネットワーク傘下になっていることも多く、借りる側としては大きな安心感につながります。銀行と比べると金利面で少し高めですが、金利法に基づいている借り入れ商品なので安心です。

大手消費者金融業者は、中小規模の消費者金融と比べると審査基準は厳しいのですが、中小規模の業者で審査基準が緩くなってしまうと、闇金のリスクが高くなってしまいます。借りる時には簡単でも、不当に高い金利で利子ばかりが雪だるま式に増えてしまったり、返済が遅れると脅迫まがいの取り立てなどが行われる可能性も高いですから、無事審査に通りやすい、借りやすいからという理由だけで即日融資金融会社を選ばないようにしましょう。

即日融資金融会社の多くは、申し込んだその日に契約手続きの契約完了を目指し審査を行うため、当日の受け取りを希望する場合には午後何時までに申し込まなければいけないという時間指定があります。午後2時とか3時ぐらいに設定されていることが多いので、できるだけ時間には余裕を持って申し込むようにしましょう。その時間を超えてしまうと、審査とお金の受け取りは最短でも翌営業日という扱いになってしまうので注意してくださいね。

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。