他社借入がある場合の即日融資の詳細

> 他社借入がある場合の即日融資

他社借入がある場合の即日融資

銀行や消費者金融などの金融機関から借り入れを行う場合には、どこから借りる場合でも必ず最初に審査が行われます。審査は返済能力を確認するために行われるものですが、その際にはその人の年収や職業、自宅の住所などが確認されるだけでなく、他社借入の状況もチェックされることになります。貸金業法によって、消費者金融系や信販系からの借り入れは、利用者の収入の3分の1を超えない範囲までしか借りることができない総量規制の対象になっているため、キャッシングやカードローンなどの借入が他社である場合には、どのような融資を申し込んでも、借り入れている金額によっては審査落ちする可能性があります。借り入れ件数が問題ではなく借り入れ額の合計が重要になり、年収の3分の1を超える借り入れのある多重債務者は審査に通らない可能性があることも注意点です。

即日融資を申し込む場合でも、こうした審査基準は変わることがありませんし、他の消費者金融会社からいくら借り入れているのかは、申込書で嘘の申告をしてもすぐにばれてしまうので注意しましょう。虚偽の申告をすると利用者や申込者の信用がなくなって、審査に通るはずの借り入れでも審査落ちすることになってしまいます。申し込みをする際には、正直に申告することが必要ですが、他社からの借り入れ金額に関しては、できるだけ正確な数字を申告したほうが好感を持ってもらうことができます。

即日融資を申し込む際には、金融機関ごとに対応方法が異なります。即日でお金を受け取ることができる申し込み時間は業者ごとに異なっていて、多くの場合には午後の2時とか3時ぐらいまでに設定されているようです。これは、この時間帯なら本審査を即日で行うことができるからです。そのため、今日お金が必要だという場合には、モタモタせずにできるだけ早い時間帯に申し込んだほうが、即日融資してもらえる可能性が高くなります。もしも時間に間に合わない場合には、融資は翌日になってしまうので注意しましょう。

消費者金融の中には、夜間でも借り入れの申し込みを受け付けていて即日融資が可能な所もあります。自動契約機を使った申し込みになることが多いのですが、自動契約機からの申込みでは、きちんとした審査をその場で行うことができないため、仮審査のみが即日で行われます。仮審査でチェックされることは、他社借入状況や返済状況です。金融機関は、利用者が借り入れの申し込みを行うと顧客信用データベースへアクセスして、他社からの借り入れ状況や借入金額、そして返済状況などを調べることができ、その結果次第で仮審査に通るかどうかが決定されることになります。金融機関からの借り入れには、貸金業法が適用されているので、銀行以外の金融機関からの全ての借り入れの総額は、収入の3分の1を超えてはいけないというルールが適用されるため、場合によっては申し込んでも審査落ちしてしまうので注意しましょう。

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。