2018年1月以降は銀行カードローンが即日融資の新規貸し付け停止の詳細

> 2018年1月以降は銀行カードローンが即日融資の新規貸し付け停止

2018年1月以降は銀行カードローンが即日融資の新規貸し付け停止

国内の銀行がカードローンの即日融資を2018年1月以降取りやめることが、最近のニュースで報道されました。銀行カードローンの即日融資の停止とは、具体的にはどのようなことで、どのような影響があるのでしょうか。ここで具体的に見ていきたいと思います。

銀行カードローンについて

まず現在の銀行カードローンと消費者金融のカードローンの違いを確認しましょう。

銀行カードローンと消費者金融の比較

銀行カードローン 消費者金融
対象者 収入のある方、配偶者に収入のある主婦(主夫) 収入のある方
貸付限度額 審査によって決定 年収の1/3以下
金利 低め 高め
審査 厳しめ・早いところで即日 緩め・即日が多い
その他 銀行の窓口・HPなどで申込み可能 店頭・無人契約機・HPなどで申込み可能

この2つの大きな違いは、銀行カードローンの場合、本人に収入のない主婦(主夫)にも貸し出しが可能であること、貸し出せる金額に上限がないこと、の2点です。また最近では銀行カードローンも即日審査が可能となり、スピードでは消費者金融に負けず劣らずのところまできています。

銀行カードローンが即日融資を停止に至った経緯

この比較を踏まえて、銀行カードローンで問題となっていた部分を見ていきます。

1:過剰な貸し出しによる返済不能者の増加

総量規制の対象外となる銀行では、年収に関わらず審査さえ通れば希望の金額を貸し出すことが出来ます。総量規制はもともと消費者金融などでの多重債務・債務過多が問題となって作られたものですが、その対象外となった銀行カードローンを使い、返済できる金額以上の借入をし、最終的にやはり自己破産に陥る方が増えました。

2:スピードを重視した結果、審査に見落としが生じる

銀行のカードローンの場合、銀行内でも受付段階での簡単な審査が行われますが、審査の大半を担うのが保証会社です。銀行のグループ会社が保証会社となっている場合もあれば、信販会社や消費者金融が保証会社としてついていることもあります。どのような体系であれ、保証会社のOKが出れば貸付は可能となります。しかし、融資のスピード審査を重視するあまり、一部の銀行で、「反社会的勢力」に対してカードローンを発行するという事態になりました。

反社会的勢力とは・・・

暴力や威力、詐欺的な手法を駆使し、不要な要求行為により、経済的利益を追求する集団や個人の総称。暴力団、総会屋等がこれに該当します。

審査や融資のスピードは消費者金融並みで、貸し出し限度の上限のない銀行カードローン。貸し出しを増やすことを目指すあまり、審査の甘さによるトラブルが生じ、また顧客に対し過剰な貸付を安易に行うという危険性が見られるようになりました。

このような問題点や批判を受け、全国の銀行は2018年1月から即日審査・即日融資を停止することになりました。「貸しすぎ」とされる批判に対しては、即日融資を取りやめることだけでなく「貸付自粛制度」を銀行カードローンを対象に独自で導入していくことも検討しています。

貸付自粛制度とは・・・

本人もしくはその家族が、浪費癖等を理由に自粛対象者であることを日本貸金業協会に対して申告することで、個人信用情報機関にその旨が記載され、一定期間は審査を通さないように出来る制度です。条件等については日本貸金業協会の公式HPでご確認ください。

銀行カードローンが即日融資を停止するメリット

借りすぎを防止できる

即日融資が可能な場合、考える時間を持たず安易に借り入れを行ってしまいがちです。来年以降、融資までに時間がかかるようになれば、他の借入方法がないかを検討したり、本当にその資金が必要かを考える時間ができ、そうしているうちに無理な借り入れはやめようと思えるかもしれません。

適正な金額を借入出来る

一つ目のメリットと似ていますが、これからは時間をかけて、他行の借入や収入なども含めた審査が行われます。また、各銀行では貸付上限そのものを引き下げる動きも見られ、今後は十分な審査の上、顧客に対して適正な金額での融資が行われることになります。

銀行カードローンが即日融資を停止するデメリット

すぐに資金が必要な時に対応できない

これまで銀行カードローンは、消費者金融よりも低い金利で借りられ、即日の融資も可能ということが大きなメリットでした。消費者金融に抵抗のある方でも、銀行のカードローンであればハードルが低く感じる部分もあり、比較的利用しやすいカードローンといえます。しかし今後は即日融資が出来ないことで、急に資金が必要になった場合、銀行カードローンでは間に合わないということも考えられます。

審査が厳しくなる

即日融資・即日審査を停止することが直接関係するわけではありませんが、過剰な貸し付けを防止する措置として、各銀行が貸付残高を月次で公表することになりました。それによりカードローンの発行数にも影響が出て、審査自体が厳しくなると考えられます。

また、来年以降は、これまでの信用情報をもとにした審査だけでなく、警察のデータベースに接続して反社会的勢力の関係者でないことの確認も行われます。具体的な確認の内容は公表されていませんが、その部分が原因で審査を通過できなくなることもあり得ます。

専業主婦など無収入の方にとっては大打撃

総量規制の対象となる消費者金融では、融資金額は収入の1/3までと定められており、収入のない専業主婦(主夫)への貸し出しが原則として不可能となっています。

これに対して銀行は総量規制の対象外なので、配偶者に安定収入があることを条件に、専業主婦(主夫)へのカードローン発行も可能としています。

しかし2018年以降は即日融資が不可能となるため、もし専業主婦(主夫)の方がすぐにお金が必要な状況になっても、即日融資してくれるところがないという事態が考えられます。これについては商品改定などがあるかもしれませんが、現在のところでは専業主婦(主夫)への即日融資は厳しいと考えざるを得ません。

銀行カードローンで即日融資ができなくなるタイミングと何日で借りられるのか?

即日融資が出来なくなるタイミングは?

現在公表されている情報では、2018年1月からとされています。2018年1月からは、銀行カードローンでの即日融資は実質不可能となります。

では2017年12月中なら大丈夫なのかと思われるでしょうが、実際のところはすでに少しずつ審査は厳しくなっていると考えてよいでしょう。小口(50万円程度)のカードローンであればそれほど影響はない可能性が高いですが、大口になってくると銀行によっては導入前でもこれまでのようにはいかないかもしれません。

何日で借りられるのか?

これについても現段階では明確な回答が出ていません。個人信用情報機関への照会が行われるのはこれまで通りなので、追加となる警察庁データベースへの照会に時間がかかると考えられます。かかる時間は「数日〜数週間」とされており、カードローン発行までには早くても1週間、通常で2週間程度かかるという見込みです。

また内容によってはそれ以上かかる可能性もあるので、資金が必要だと思われる場合、出来るだけ早い申し込みが必要になります。

銀行カードローンで即日融資ができなくなった代わりにどこで借入するのが良い?

消費者金融

銀行カードローンは即日審査・即日融資が出来なくなりますが、消費者金融では現在のところそのようなことはありません。もし今すぐにお金が必要だということになれば、銀行カードローンではなく、消費者金融を利用するのがスピードの面で考えると最も早いことになります。

消費者金融の場合、金利は銀行よりも高めの設定となっていることがほとんどですが、初めての利用の場合、無利息期間を設けていることもあるので、返済の目途が立っている場合はこちらのほうが有利となるかもしれません。

信用金庫など銀行以外の金融機関

銀行カードローンは今後即日融資が不可能となりますが、信用金庫等はその対象ではありません。カードローンの取り扱いは銀行や消費者金融ほど大きくありませんが、審査方法の変更によって銀行で借りられない方が信用金庫に流れていく可能性があります。

当然信用金庫も総量規制の対象外なので、貸付金額に限度はありません。ただし、現状ではこれらの金融機関での審査は即日回答ではないので、1週間程度の時間は必要です。今後審査のスピードが上がれば、信用金庫などでの即日融資が可能となるかもしれません。

銀行カードローンの審査はどう変わるのか?

現在の審査の流れ

@顧客が銀行に対してカードローンの申し込みをする
A銀行は保証会社に対して顧客の申込書を提出する(このとき銀行でも行内での差押えや延滞情報などを確認する)
B保証会社が信用情報機関への照会などにより審査を行う
C保証会社が審査の結果を銀行に通知する

2018年1月以降の審査の流れ

信用情報の審査の基本となる@〜Cは上記と同じで、それに追加して行われるのが以下の通りです。

D銀行は預金保険機構を通して警察庁と全国銀行協会に属する各銀行に照会をする。

照会する内容は以下の通りです。

■警察庁・・・反社会的勢力に該当するか否かの確認、これまでの履歴等(この部分についてはどこまで調べるか現在のところ不明)

■各銀行・・・これまでの金融事故履歴や他行での借入についての情報

預金保険機構を通して、これまで調べることのできなかった部分について確認を行うことで、反社会的勢力への融資を未然に防止し、他行の借入も含めた上での返済能力を検討し過剰な貸し出しを防ぐことを目指します。

銀行の個人即日融資停止後も即日融資可能なおすすめカードローン

現在即日融資に対応している消費者金融についてご紹介します。銀行カードローンで即日融資が出来ない場合、以下の消費者金融を利用することで即日融資が可能となります。

新生銀行レイクも現在は即日融資に対応していますが、銀行カードローンとなるため、来年以降は即日融資を停止することになります。具体的な対応については今のところまだ発表されていませんのでここでは記載を控えています。

会社名 金利 融資額 備考
アコム 3.0%〜18.0% 1〜800万円 初めての方は契約日の翌日から30日間は金利0円。
プロミス 4.5%〜17.8% 〜500万円 初めての方は条件を満たせば30日間無利息。
カードレスのキャッシングの取り扱いもあり。
急ぎの場合電話の申込がおすすめ。
アイフル 4.5%〜18.0% 〜500万円 急ぎの方は、Webで申し込み後に電話を掛けることで融資までの時間を短縮可能。
初めての方に限り、最大30日間の無利息期間あり。
モビット 3.0%〜18.0% 1〜800万円 急ぎの場合、ネットで申し込み後フリーコールへ電話をすることで時間の短縮が可能。
カードレスの取り扱いあり。
三井住友銀行内のローン契約機でのカード発行も可能。


まとめ

かつて消費者金融が貸し出しを増やすため、過剰な貸し出しを行ってきたことを受けて総量規制が設けられましたが、その対象外となった銀行でも同じように過剰な貸出が問題視されています。また、貸し出しのスピードを重視するあまり、反社会的勢力への融資を行ってしまうという事態も起こりました。

このような事態を重く見ている金融庁に対し、銀行側は自主的にカードローンの即日融資を停止するという方針を発表しました。2018年1月からは、審査方法に警視庁への照会や他行の借り入れ状況の把握が加えられ、より時間をかけた厳格な審査が行われることになります。

消費者金融や信用金庫などはこれまで通りの審査が行われるので、急ぎの場合は消費者金融を、急ぎではないが銀行では審査を通らなかったという方は信用金庫などを利用するといった住みわけが必要になります。

どの方法にしても、これまでよりも審査が厳しくなることは免れないと思われるので、無理な資金計画を立てないこと、返済できる範囲での借り入れを行うこと、資金が必要な場合は早めに対処することなどが大切です。

ここでご紹介した内容以外にも今後具体的な審査内容や、各銀行の商品改定などの発表が予想されます。これからしばらくの間は、最新の情報をこまめにチェックしてみてくださいね。

アコム

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。