50万円を即日融資してもらうことはできるのかの詳細

> 50万円を即日融資してもらうことはできるのか

50万円を即日融資してもらうことはできるのか

50万円の融資は、銀行でも消費者金融でも借りることができます。1万円とか3万円等の少額を借りる場合と比べると、50万円という金額はある程度まとまった金額になるので、融資の申し込みをするときちんと審査が行われて、返済能力がチェックされることになります。今すぐに50万円を借りたいという場合には、即日融資の申し込みをすることももちろんできますし、実際に即日でお金を借りることも可能です。ただし、必要な書類がすべてそろっていて、審査条件をすべて満たすことが必要なので、あらかじめ念入りに準備しておいた方が良いでしょう。

まず、50万円を即日融資してもらうためには、銀行や消費者金融会社などの金融機関で即日融資可能な金融商品を見つけて申込書類に記入することになります。店頭に足を運んで用紙に記入しても良いですし、スマホやインターネットからオンラインでフォームに記入する方法も良いでしょう。オンラインで申し込む場合には、審査に必要な身分証明書等の本人確認書類や収入証明書類などの書類をスキャンして添付したり、スマホなら写真撮影で添付することができるので、必要書類は申し込む際にすぐ添付できるように準備しておきたいものです。

収入証明書は、少額の融資の場合には必要ないことが多いのですが、50万円以上の融資になると、審査条件も少し厳しくなるため、収入証明書が提出出来ないと審査してもらえない場合が多くなります。収入証明書は、職場からもらう源泉徴収票や、毎月の給与明細などでもOKですし、自営の場合には役所で納税証明書を取ってくるのでもOKです。毎月のお給料に加えてボーナス支給がある人なら、ボーナス支給の証明書なども合わせて提出したほうが、年収をアップできるので、借り入れ上限額もそれに合わせて高くすることができます。

消費者金融からの借り入れでは、総量規制が適用されるため、収入の3分の1を超える金額での融資はルール違反となってしまいます。これは1社からの借り入れだけではなく、他社からの借り入れもすべて含めた合計金額なので、たくさん借りたい人は、毎月のお給料だけでなくボーナスなどの臨時収入もすべて含めた収入額で申し込んだほうが、多く借りられるということになります。

50万円以上の融資については、即日融資が可能な場合でも審査が慎重に行われるので、申し込む時間帯はできるだけ早めの方が良いでしょう。午後2時や3時までの申し込みなら即日で融資を受けることができる場合もありますが、窓口が閉まっている時間帯に申し込むと翌営業日の取り扱いになるので気を付けましょう。


総量規制とは
個人の借入総額が、原則的に年収等の3分の1までに制限することです。資金を借り入れる際、個人向け貸付けと保証、法人向け貸付けと保証の4種類の契約がありますが、対象となるのは個人向け貸付けだけです。ただし、いくつかの例外と除外項目があります。自動車や不動産購入に関わる貸し付けは除外となり、個人事業者に対しての貸し付けや緊急を要する医療費のための貸し付けは例外事項となります。

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら