即日融資で20万、30万、40万円を借りるための方法の詳細

> 即日融資で20万、30万、40万円を借りるための方法

即日融資で20万、30万、40万円を借りるための方法

即日融資で20万、30万、40万円を借りるための方法について解説しています。

即日融資で20万円借りるための方法

突然まとまったお金が必要になってしまう事は誰にでも起こりうることです。1万円や2万円という単位ではなく、入院や怪我などで20万円が必要になってしまったり、お給料日前でお金がない時に家賃を払うことをすっかり忘れていた時などには、今すぐに20万円を借りなければいけないという状況に追い込まれてしまいます。

そんな時にオススメなのは、消費者金融や銀行などの金融機関です。これらの金融機関では即日融資を積極的に行っていて、まとまった金額を借りたい場合でも必要な書類がそろっていて審査に通れば融資を受けることができます。20万円という金額を借りる場合には、身分証明書は必要ですが源泉徴収などの収入証明書は必要ないとしている金融機関が多いので、外出中に急にお金を借りる必要が出てしまった場合でも、店舗にサッと足を運んで数十分で借りることも可能です。ただし、銀行から借りたい場合には申込者の収入証明書の提出を求められることもあるので、源泉徴収や納税証明書などは普段からすぐに見つけられる場所で保管しておいた方が安心ですね。

20万円というまとまった金額を借りたい場合には、審査にどのぐらい時間がかかるのか不安になる人も多いはずです。審査項目やかかる時間は金融機関ごとに異なりますが、一般的には銀行よりも消費者金融の方がかかる時間は短く、審査項目も少ないと言われています。金融機関ごとに審査条件や審査基準は異なっているので、A社の審査は通らなかったけれどB社は通るということももちろんあります。1社に断られたからと言って落ち込まずに、別の金融機関に挑戦してみることも、即日融資には必要な作業かもしれません。ただ、希望通り借り入れできないかもしれないという不安から一度に何社も借入申込をすると申し込みブラックとして信用を失い借り入れできなくなる可能性もあるので注意が必要です。

今すぐに20万円を借りたいけれど、急いでいるから審査にできるだけ時間をかけたくないという人もいるでしょう。そんな場合には、短時間で審査をしてもらえる金融業者がおすすめです。一般に審査には時間がかかると言われている銀行でも、その銀行に預貯金口座を持っていたり、車や家などの担保型融資を受けている場合には、即日で借り入れができることも可能ですし、WEBで簡単に手続しただけでサッと借りられ現金振込されるということもあります。また、消費者金融系は多くの場合、審査には時間がかからないので、申し込んでから現金を借りるまでにかかる時間が20分から30分という所も珍しくありません。店舗に足を運んで申し込んでも良いですが、あらかじめパソコンやスマホのネットで申込みをしておけば、店舗に足を運んでいる間に審査をしておいてもらえるので、店に到着してからの手続きに時間がかからず、素早く借りることができます。ただし、過去に債務整理歴や自己破産歴、返済トラブルがあったり、多重債務者で他社借入額があるなどの信用情報を各社で共有していますので、該当する場合は借り入れできない可能性もあります。

即日融資で30万借りられるのはどこ?

庶民にとっては30万円という金額はかなりまとまった金額ですが、金融業界においては30万円の融資は「少額融資」に分類されます。消費者金融から融資を受ける場合には、借入額が50万円以下の融資だと収入証明書の提出が必要ないケースも多く、実際にいくらの収入があるのかを証明しなくても、自己申告だけでOKとなることが多いようです。

今すぐに30万円を借りたいけれど、どこに行けばよいのかわからないという場合には、まずは取引のある銀行をチェックしてみてください。銀行などの金融機関の融資は、消費者金融と比べると金利が低いことが多く、預貯金口座を持っていて、給料の振込口座になっていたり、家賃や光熱費の引き落とし口座になっていたり、また自動車のカーローンや住宅のローンを受けている銀行だったりすると、即日融資でお金を借りられることがあります。銀行によって手続きにかかる時間などは異なるので、かならず借りられるというわけではありませんが、低金利で借りるチャンスがあるのなら逃す手はありません。まずは取引している銀行をチェックしてみましょう。

その次には、大手の消費者金融がおすすめです。金融会社や業者ごとにたくさんの即日融資商品や金融商品がラインナップされていて、それぞれ金利や返済方法、融資金額の上限や借入限度額・利用限度額の設定などが異なります。審査条件や審査にかかる時間は業者によって異なりますが、一般的に消費者金融の審査は時間がかからないことが多く、20分から30分程度のスピード審査で融資を受けられることも少なくありません。また、審査条件も銀行よりも緩いことが多いので、銀行に申込みをしたが借りられなかったけれど消費者金融ならOKだということもあります。銀行に融資を申し込んで断られた人でも、消費者金融なら借りられるチャンスや可能性はありますし、大手消費者金融なら銀行系ネットワーク傘下業者ということも多いため、安心して借りられるのではないでしょうか。

ただし、消費者金融から30万円を借りる場合には、注意しなければいけない点があります。それは、総量規制に引っ掛からないかどうかです。銀行には銀行法が適用されているので、銀行からの借り入れは総量規制対象外となりますが、その他の消費者金融や信販会社から借り入れている分については、総量規制の対象となり、収入の3分の1を超えない範囲でしか借りることができません。1社からの借り入れが収入の3分の1ではなく、他社からの借り入れも全て合計した金額が収入の3分の1ということなので、他社からも借りている人は、その点をあらかじめチェックした上で申し込むようにしましょう。

即日融資で40万円借りるためには

私たちが生活している中では、いろいろな予期せぬ事態が起こるものです。急にまとまったお金が必要になることもあるかもしれません。預貯金をすぐに下ろすことができれば良いのですが、事情があって出来ないこともあれば、預貯金がないという場合もあるでしょう。そんな場合には、金融機関から即日融資で40万円を借りる方法がおすすめです。40万円という金額は、庶民の私たちにとってはかなりまとまった金額ですが、金融機関にとっては利用金額が50万円までの少額融資の範囲となり、申し込みの際に収入証明書の提出が求められない場合が少なくありません。もしも提出が必要な場合には、年収が分かる源泉徴収票や役所で取り寄せることができる納税証明書などの他に、毎月職場でもらう給与明細などでもOKなので、どれか一つを準備することになります。

また、40万円借金したいと思っていても、他社からも借り入れがある多重債務者である場合には注意しなければいけません。銀行系からの借り入れは銀行法が適用されるので、収入と借入のバランスは銀行独自に審査が行われています。しかし、消費者金融系や信販系会社からの借り入れの場合には、総量規制の対象となっているため、利用状況や利用情報を調べ、すべての借り入れの総額が収入の3分の1を超えない範囲でしか融資してもらうことができません。そのため、年収が300万円ですでに他社から100万円近くを借りている場合には、今まで返済遅延などが一切なくても総量規制に引っ掛かってしまうので、審査落ちすることになってしまいます。また、利用者の信用情報は貸金業者同士で共有していますので、自己破産歴や債務整理歴がある場合や一社で審査を通過する自信がなく一度に数社に借入申込をした場合は申込ブラックと判断され、審査通過しない場合がありますので、注意が必要です。

40万円を時間をかけずにサッと借りるためには、パソコンやスマホなどのネットを使用して即日融資できる金融機関のWEBサイトから申し込む方法がおすすめです。金融機関ごとに、何時までに申込みをすれば即日融資ができるのか、時間が線引きされているので、かならずその時間までに申し込むだけでなく、時間には余裕を持って申し込んだほうが安心ですね。通常の場合、申し込んで10分から20分ぐらいの速さでスピード審査が行われ、その結果を電話やメールで知らせてくれますが、もしも1時間ぐらい待っても連絡がない場合には、こちらから連絡して問い合わせてみてください。急いでいるのに何かの手違いで審査が遅れていたりして、融資が受けられなかったら大変です。

もしも休日や祝日、夜間に40万円必要になってしまった場合には、店舗などに設置されている無人契約機や自動契約機を利用して借り入れすることができます。ただしこの場合、窓口が営業となる翌営業日までは本審査ができないため、仮審査のみでの融資となります。40万円の借り入れを希望していても満額で借りられないこともありますから、あらかじめ理解しておきたいものです。

アコム

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。