即日融資で1万円、3万円、5万円のお金を借りるにはどうすればいい?の詳細

> 即日融資で1万円、3万円、5万円のお金を借りるにはどうすればいい?

即日融資で1万円、3万円、5万円のお金を借りるにはどうすればいい?

1万円借りる

即日融資で1万円のお金を借りるには

ショッピングをしていて、気に入った服を見つけたり、前から欲しかったアイテムを見つけて、今すぐに買いたい!でも給料日前でお金がない!ということがあるかもしれません。

お金がないけれど今すぐにお金が必要だという時便利なのが、即日融資という方法です。即日融資を行う金融機関には銀行や消費者金融などがありますが、その中でも申し込みからお金の受け取りまでが迅速なのは消費者金融です。

消費者金融会社の審査基準は銀行よりも少し緩めと言われていますが、それでも借り入れ金額が大きくなると審査基準は厳しくなるものです。

即日融資の最低ラインとなる少額の1万円を借りる場合には、審査はもちろん行われますが、審査基準はそれほど厳しくはなく、窓口があいている営業時間中はもちろん、休日祝日夜間など窓口が閉まっていて無人契約機を使って申し込む場合でも、比較的1万円満額を借りることができます。

最低借入額である1万円を借りたい場合には、まず申し込みをすることから始めましょう。

1万円の即日融資を行っている金融機関はたくさんありますから、その中から金利や借りやすさ、返済のしやすさ、無利子・無利息キャンペーンをしているのかどうかなど、様々な条件で自分にピッタリの借り入れ商品を選んで利用しましょう。

申し込み方法は、窓口に足を運んで行う方法もあれば、パソコンやスマホを使って申し込める場合もありますし、自動契約機や無人機を使って申し込みから借り入れまでの手続きを全て済ませるやり方もあります。

1万円という金額や即日融資は、短期間に完済できることを前提とした借入なので、審査にかかる時間も短く、比較的すぐに借りることができます。

銀行系の借り入れの中にも、即日融資OKの商品はたくさんあります。多くの場合、その銀行に口座を持っていることが条件だったり、給料の振込口座や光熱費や家賃の引き落とし口座などメイン口座として使っていることが条件となっていますが、銀行から借りる場合には、消費者金融よりも低金利で借りられることが多くなります。

口座を持っている人は、ぜひ検討してみるのも良いでしょう。

即日融資の最低金額となる1万円は、収入がない主婦の人や、収入が安定していないパートやアルバイト、フリーターなどでも借りることができる融資商品がたくさんあることもポイントです。

安定した収入を持っていない人にとっては、融資を受けること自体がとても難しいのですが、1万円なら借り入れOKの商品はたくさんありますから、万が一の時に備えて普段からどこから借りられる可能性があるのかをリサーチするのも良いですし、カードローンを申込んでおいて、必要な時にサッと借りるという方法もおすすめです。

3万円の即日融資を受けるためには

消費者金融や銀行などから少額の3万円を最短で即日融資してもらうことは可能です。しかし、申込者誰でも無条件に申し込んだその場で3万円を借りられるというわけではありませんから、注意しなければいけません。スピード審査で即日融資の最低借入額は1万円となっているので、1万円なら比較的誰でも借りることができます。しかし、金額が少しアップして3万円になると、仮審査の後に本審査が行われるので、それに通らなければ借りることができません。

仮審査というのは、金融機関が顧客信用データベースへアクセスして、ブラック、いわゆる返済トラブルや債務整理の有無、破産者であるか否かを調べたり、多重債務者であれば他社からの借り入れ状況や返済状況をチェックし、総量規制の適用内かどうかを調べるわけですが、この時、他社も含めて借り入れの総額が収入の3分の1に近い場合には、3万円でも審査落ちしてしまう可能性があります。他社から借り入れをしている人は、借入金額を正確に把握して、3万円が利用可能額かどうかを確認した上で申し込むようにしましょう。

また、3万円を即日でサッと借りるためには、審査に時間をかけずスムーズに手続きできるように工夫する必要があります。借り入れの審査では、運転免許証などの身分証明書の提出が必要となります。スマホから申し込む場合には、カメラ機能で写真撮影をしたものを添付することになりますが、自宅のパソコンから申し込む場合には、スキャナーで身分証明書をスキャンし、それを添付ファイルとして申し込みフォームと一緒に提出することになります。自宅にスキャナーが無い場合などには、即日融資を受けようと思っても申し込みの段階で必要書類を全て提出できないので、即日にお金を受け取ることが難しくなってしまいます。その場合には、ネットで申し込みフォームだけ記入し、最寄りの店舗へ免許証を持参すれば、時間短縮して即日融資が可能になります。また、商社金融の店舗や提携銀行店舗に設置してある無人契約機を利用するのも良いでしょう。

また、即日融資でも在籍確認や在宅確認は行われますから、職場の電話番号や自宅の電話番号などは、きちんと融資申し込みフォームに間違いのないよう記入しましょう。フォームへ記入する情報が間違っていると、審査回答がでるまでに時間が長くかかってしまいます。提出する前に何回か見直しをしてから、正しい情報を提出することで、審査の時間が短縮できて、即日の融資を受けやすくなります。

3万円を出来るだけ低金利で借りたい場合には、無利息期間・無利子期間のキャンペーンなどを上手に利用する方法もおすすめです。無利子期間のキャンペーンは金融機関・金融会社ごとに独自に行われているもので、その期間内に完済できれば金利が実質0%になるというお得な無利息サービスです。例えば30日間無利息キャンペーンを利用する場合30日の間に給料日がくるなど、すぐに返せる予定がある人や、無利子期間内に完済するつもりの人は、こうしたキャンペーンを利用することで、返済額が抑えられお得に借りることができます。

10万円の即日融資を受けることは可能か

10万円を即日融資してもらうことは可能ですが、もしも予め「何時10万円が必要になるかわからないけれど、必要な時には10万円ぐらいをサッと即日で借りたい」という場合なら、審査には時間がかかっても低金利で借りることができる銀行系の融資がおすすめです。銀行の中には、あらかじめいつでも融資を受けられるように登録しておけば、借りたい時には融資上限額まで自由に即日で借りられる商品もたくさんあります。カードローンとして何回でも繰り返し使えたり、自分の銀行口座に即日に振込してもらい、ATMカードで引き出せるなど、便利に活用できる商品ばかりなので、即日に10万円を借りる際、お得に借りたいという場合にはぜひ検討してみて下さい。

急にお金が必要になって、今から申し込みをしなければいけないという場合でも、即日融資で10万円を借入ることは可能です。消費者金融では、銀行よりも審査に時間がかからず、申込みをしたその日に融資を受け取ることも可能です。大手消費者金融会社になると、審査にかかる時間がわずか30分程度だったりすることもありますし、自宅のパソコンからネット申込みをしておけば、窓口や無人契約機で引き出す際に時間がかからずスムーズに手続きができる場合もあるので、急いでいる時などには便利です。

ただし、申し込みをする時間帯によっては、即日で10万円を満額借りられない可能性もあるので、あらかじめ理解しておきましょう。即日融資の申し込みをする場合には、まず最初に顧客信用データベースへアクセスし、仮審査が行われます。データベースには、他社からの借り入れ状況や返済状況などの情報が保管されているので、総量規制に引っ掛からないかをチェックしたり、過去に返済遅延などがないかどうかを審査されることになります。この仮審査だけなら、窓口でなく自動契約機やWEB、スマホなどから申し込むだけでもすぐに審査を行うことができるので、この審査に通れば、その次に行われる本審査前でも金融機関が独自に判断した金額を借り入れることができます。

本審査は、窓口が営業している時でなければ行うことができません。審査内容は金融機関ごとに異なりますが、在籍確認や在宅確認の電話確認をはじめ、運転免許証など身分証明書の確認や収入の確認などが行われます。即日融資に申し込んだけれど窓口がすでに終わっている時間帯だった場合には、翌営業日に本審査が行われて、希望する融資額満額で借りられるのかどうかが決まります。即日でお金を借りるためには、できるだけ早い時間帯に申し込むようにしたいものです。

アコム

更新
即日借入可能な人気のキャッシング一覧はこちら


運営者情報
あやふる画像
名前 あやふる
性別 女性
誕生日 4月10日
出身地 大阪
自己紹介 金利や審査などキャッシングに関する情報を調べるのが大好きです。